みやおふとん店 ★☆睡眠GOODブログ☆★

ドリコムブログからライブドアブログへ移行したため過去のブログを見ることができます。 現在はアメーバブログで更新しています。 お手数ですがこちらにアクセスしてください。 http://ameblo.jp/miyao210ten/

打直し

今日も工場でふとん作り

今日は風の無い曇りがちな天気で冬到来を感じさせる日になりました。


八ヶ岳もあまりパッとしない山肌を見せていました。


e3fab3f0.jpg



お客様から預かった古綿を打直して袋詰めしていきます。


4c8b780c.jpg



今日は70?程の打直しでした。


午後は急ぎのふとんから仕立てていきました。


市内F様のコタツ掛ふとん サイズは215cm×215cm


富士見町のT様のコタツ掛ふとん サイズは200cm×200cm


7a7d2b1e.jpg



どちらの方もこちらの柄でお作りしました。


市内のY様 先日敷ふとんを作らせていただいて今回は掛ふとんを2枚作らせていただきました。


ddbfe61a.jpg



そしてこのふとんは我が家で使うコタツの中敷ふとん


7bcd38bf.jpg



座布団生地のハンパ生地を張り合わせて作りました。


ce62dc18.jpg



綿入りで薄いけど この1枚が温かいのです。






お江戸から次女が帰って来ました。来週の始めにはまたお江戸に戻りますが・・・


また暫らく更に賑やかな我が家になります。





ふとん打直し・仕立替え

今日も朝からふとん作りでした。


これは原村のS様の掛ふとんです。


a48ec9af.jpg



敷ふとんを1枚出されて、その生地を表地に再利用して裏地を新しく付けて掛ふとん2枚に仕立てました。


こちらは富士見町のK様のジュニアサイズの掛・敷ふとんです。


89de5afa.jpg



サイズは掛ふとんが120cm×160cm 敷ふとんが90cm×160cmです。


先日お作りしたふとんの残り綿で作りました。


これは市内のS様の長座布団です。


e8f50e27.jpg



お持ちのカバー120cm×68cmに合わせて、当店の特選綿を入れて3枚新しくお作りしました。


こちらは市内宮川の I 様の長座布団4枚に敷ふとんが1枚です。


a0f317ac.jpg



長座布団は110cm×68cmでお作りしました。敷ふとんは通常の100cm×200cmサイズです。


明日110cm用の長座布団カバーをお持ちして配達に伺う予定です。


これは市内金沢のM様のコタツふとんです。


d644a13d.jpg



正方形55cm角のコタツに掛けるふとんなので180cm×180cmのサイズで作りました。


夕方になって原村のS様へ配達に行って来ました。


これはS様に帰り際にいただいた野菜です。


f93ab452.jpg



水菜にブロッコリーそして白菜かと思ったのですが白菜とはチョッと違う”さんとうさい”という野菜だそうです。


S様 ご馳走様です。 ありがとうございました。

日々 工場での仕事です。

今日も午前中は工場で綿の打直しでした。


fa63a693.jpg



今週は金曜土曜と仕事ができないので、その分今の内に頑張らないと・・・


こちらは諏訪市のK様の敷ふとん4枚あと掛ふとん3枚が残っています。


e8acfda1.jpg



これは富士見町のG様のコタツふとん内織の生地が重いため入れる綿を1?くらい減らして作りました。


656badaf.jpg



この掛ふとんは市内のH様が自宅にあった生地を持ち込まれ、その生地に打直しの綿を入れました。


caa752b9.jpg



やっぱりH様も最近ふとんの上げ下ろしが大変なのでと以前よりも少し軽くしてお作りしました。


こちらは市内の I 様の掛ふとんです。息子さんがお使いになるということで215cmとチョッと長めの丈にしてお作りしました。


02c1bc24.jpg



I 様は重くなっても良いからと4.5?とチョッと多めに綿を入れてパンパンに膨らんでいます。


明日はできあがったふとんの配達や貸ふとんの配達です。


今日のハナちゃん
 


5f715261.jpg



工場の横に生えているクローバーを夢中になって食べてます。

富士見町のH様から打直し

昨日のロングタイムドライブから直ぐ、富士見町信濃境のH様へ打直しのふとんを取りに伺いました。


19d0dc13.jpg

( 信濃境から見る八ヶ岳 )



7枚の敷ふとんを出され、なるべく良い綿だけを使って敷ふとんを4枚作るようにお願いされました。


H様は信濃境の家を別荘としてお使いのようで来月の連休にお届けに伺う予定です。


H様からの帰り白い花の咲くそば畑が一面に広がっていました。


cc7c9be9.jpg



この季節 輝く籾の黄金色と蕎麦の白色はとても鮮やかで綺麗です。


65ee0dc2.jpg



a76fafa3.jpg



友達のT君のお店「田毎庵」さんでも綺麗なそばの花が咲いているようです。



店へ帰りH様の敷ふとんを選別してこちらの4枚で敷ふとんを作ることにしました。


d88ac76a.jpg



どの綿も化繊が一切入らない純粋に綿100%の綿で弾力があって繊維もあまり傷んでなくて打直せばかなり良い綿になると思います。


こちらは処分する敷ふとんですが繊維がパサパサで短く傷んでいました。


ふんわりしているように見えますが落綿に化繊綿を混ぜた綿でした。


abb5a5db.jpg



追記 シルバーウィークの真っ只中ですが皆さんは如何お過ごしですか?



農家の皆さんは稲刈りが始まったところもあるようです。


47734c53.jpg



我が家の裏のGさんも稲刈りが始まりました。 遠くに見える田んぼは既に稲刈りが終ったようです。


08e9da97.jpg

( こちらは、はぜ掛けでなくコンバインで収穫のようです。 )



かみさんの実家もそろそろ稲刈りかと・・・・たぶん来月初旬になると思います。


使っていないふとんもメンテナンスを・・・

原村のK様から掛ふとんを3枚お預かりしました。


どの掛ふとんも端や折曲がった場所が何箇所かカビていました。


87c774b6.jpg



生地を外して中の綿を見てみました。


やっぱりかなりカビが酷い状態でした。


31156c37.jpg



でもふとん自体はほとんど使っていないようでとてもフックラして十分使える状態です。


3dbba8b2.jpg



K様は「何とかなりませんか?」と言われ捨てないで再生をすることにしました。


ますはカビてしまった生地を取り中の綿もカビた部分をやや多めに取りました。


綺麗な綿だけを打直しをして新たな裏地を付けた生地に仕立て替えをしました。


付いていた衿布も付け直しました。


綿はほぼ新品状態だったので出来上がったふとんはこんなにパンパンです。


666296e2.jpg



閉めっぱなしの押入れの中は湿気などでカビが発生することもあります。


すのこを敷いたり除湿剤を置いたりして対策を打っている方もいらっしゃるとは思いますが・・・


できれば使っていないおふとんも時々外に出して天日に干すことを習慣づけてください。


こういった習慣が付けば大事なおふとんを傷めないで済みますし


ふとんにとっても空気の出入りがある方が綿にとっても良いことなので・・・


ご参考までに・・・そしてK様と同じ事情でお悩みの方こんな再生方法もあるんですよ。
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ