原村のY様から180cm角のコタツ掛ふとん3枚を200cm角用のコタツ掛ふとんに直す仕事を頼まれました。


05ca7626.jpg



表の生地は使って欲しいということで入っていた生地を一旦解いてから


足して欲しい生地と解いた生地を切り貼りした表地に裏地は新しくエンジの裏地を付けました。


7496827a.jpg



こちらの生地は諏訪地域(特に富士見町や原村)でよく織られている生地でシッカリしてますがチョッと重いのが残念なところです。


それでも生地の丈夫さや独特の柄が好まれているようで


当店でもたくさんのお客様からこの生地での仕事を頼まれます。


ad9d3225.jpg



通常のサテン生地よりも厚くてゴワゴワしているのでミシンで縫うのにも仕付けをしたりしながら縫わないと表地と裏地がずれてしまったりするのでかなり苦労します。


以前は小さいサイズでしたので打直した綿に足し綿をして3枚ともお作りをしました。


9e5f979f.jpg



どのふとんも色んな柄を組み合わせてあるので、まさに世界にひとつだけでのコタツ掛ふとんです。


これだけシッカリした生地で中綿も綿100%わたを入れているので


保温性は間違いなく抜群だと思います。


3d2fff3f.jpg



とりあえず3枚のコタツ掛ふとんはできたのですが、同じ種類の生地で上掛けの仕立ても頼まれているのでその上掛けができたら配達に伺う予定です。


この上掛けも生地の周りにグルッとヘムを付けるように頼まれたので、ただ今お袋さんがミシンに向かって奮闘中です。