注文した原綿 インド綿のシードコットンが名古屋港から着きました。


1本160?あるので運送屋さんのトラックから降ろして工場に入れるのは一苦労です。


この2輪車の手押し車で何とか運べますが、かなりキツイ作業です。


41eeace1.jpg



今回のシードコットンはT-60という名前で前回注文したものとほぼ同じクラスの原綿です。


この1cm巾くらいある鉄でギンギンに巻いてあります。


955805b6.jpg



その鉄を取ると麻布で包んである原綿が圧縮から解かれ段々と膨らんできます。


e218f8a1.jpg



麻布を取って綿を確認してみると小さな種のゴミもなくとても綺麗でシッカリした綿でした。


9605ad10.jpg



この硬くペチャンコな綿が機械にかかるとフンワリとしたふとんの綿になるのです。


6a3904c7.jpg



原綿から綿を作り その綿から色んなふとんを作っていることをお客様にご理解いただけることが当店の自慢でもあります。